06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2006.07.13 (Thu)

フェミニストの憂鬱。

200607121502000.jpg


そういえば集中講義のことをちょっとだけぼやかせてくださいw

【More・・・】


社会学って怖い
構想の提案という形だからできることだけど、
どんな極端な考え方もできてしまうものだなと実感。
そして極端な考え方だと論を組み立てやすく強い主張もできるのだけど、
観念にとらわれやすくもなるのだ、と思った。。
だからある程度柔軟な思考力(様々な視野をもてる力)がないと、
偏っただけのお話になってしまう。
気をつけなきゃ。

院生ってすごい
とにかくよく喋る。
発表なんかで多少詰まってしまっても、
やっぱり興味ある分野や知識量に自信のあるところとなると、
みんなきらきらしますね。
それから、意見交換がほんとになめらかで、
これが演習なんだな‥‥と思った。
私?聴講生だからおとなしくしてましたがw

偏見はよくないw
「むしろ私はフェミニズムとか理解できないし」
とかよく知りもしないで生意気言ってましたが、
今回こられたM田和恵先生は少なくとも、
女性擁護ばっかりするような人じゃなかった。
とゆうかこの人の語るフェミニズムは私が思ってたようなものじゃなくて、
もっと理知的なものだった。
知らなきゃダメだな。。

ジェンダーフリーバッシングがフェミニズムの誤った像をつくったりもしてるみたい。
だからジェンダーフリーバッシングがいいとか悪いとかは言わないけど。
フェミニズムがいいとか悪いとかも言わないけど。

一時期に比べ世間からの目が冷たくなったようです。
バッシングの活発化で右翼なんかに抗議受けたら困るからみたいな姿勢で
行政が消極化したせいか、
頻繁に依頼されてた講演会もぱったりこなくなったって。
先生はちょっと淋しそうでした。


貴重な4日間でした。
これが卒論や今後に本当に行かせる日が来るといいけど。

とりあえずお世話になった院生の先輩にメールしとこ。

いやっ、とりあえず報告書書くか
スポンサーサイト
【編集】 |  19:35 |  けんきゅうしつ  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑

コメント

コメント投稿
URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。